毛穴の正しい洗顔方法を徹底解説!間違った洗顔は毛穴トラブルの元に!?

毛穴の正しい洗顔方法を徹底解説!間違った洗顔は毛穴トラブルの元に!?

毛穴の綺麗なつるんとしたなめらかお肌を目指すには、正しい洗顔をすることが大切です。

汚れや詰まりが気になるからといって、ゴシゴシと洗ったり、強すぎる洗顔料を使っていたりしませんか?

間違った洗顔をしていると、余計に悪化したり、肌を傷つけたりと毛穴トラブルの元になるので要注意です。

今回は毛穴の正しい洗顔方法を徹底解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

洗顔前準備

洗顔前準備

まずは洗顔前の注意点やポイントを解説します。

【洗顔準備1】手を洗って清潔に

洗顔に限らず、スキンケアをする前には必ず自分の手を洗って清潔な状態にするようにしましょう。

手が汚れた状態で顔のお手入れをしてしまうと、手についた汚れや雑菌を顔に付けることになってしまいます。

良かれと思ってやっているスキンケアが台無しになってしまうだけでなく、肌荒れなどの原因にもなりますので、必ず手を清潔な状態にしてから洗顔などのスキンケアをするようにしてくださいね。

【洗顔準備2】クレンジングをしっかりとする

メイクはクレンジングでしっかり落とすようにしましょう。

メイク汚れが残っていると、毛穴に詰まったり黒ずみの原因になります。

ただし、ゴシゴシ洗うのは肌を傷めるのでNGです。クレンジング剤を馴染ませたら優しく丁寧に落としましょう。

すすぐ時は、すすぎ残しに注意して、ぬるま湯で肌に優しく押し当てるようにして流します。

【洗顔準備3】蒸しタオルで毛穴を開かせると効果的

洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開かせる方法もおすすめです。

毛穴をしっかり開かせた状態で洗顔をすることで、角栓などの毛穴に詰まった汚れを取り除きやすくなります。

蒸しタオルの作り方・やり方はとっても簡単!

1) まずは清潔なフェイスタオルを水に濡らし、軽く水気を絞ります。

2) フェイスタオルをおしぼりのような形にして、電子レンジに入れて1分程度(600W)加熱します。※加熱時間は使用する電子レンジによって異なるので適宜変更してください。

3) 電子レンジからタオルを取り出し、火傷しないように手で温度を調整しましょう。

4) ちょっと熱いなってくらいの温度になったら、タオルを顔に乗せ、1~2分ほどそのままキープします。

蒸しタオルは入浴中にやるのもおすすめですよ。

毛穴ケアの正しい洗顔方法

毛穴ケアの正しい洗顔方法

洗顔の準備が整ったら、さっそく洗顔をしていきましょう。正しい洗顔方法を手順に沿って解説します。

【洗顔手順1】ぬるま湯で軽くすすぎ洗い

洗顔料を付ける前に、まずはぬるま湯で顔をすすいでいきます。

ぬるま湯でしっかりとすすぐ事で、肌表面にある汚れを軽く落とすことが出来、洗顔料の泡立ちを良くすることが出来ます。

【洗顔手順2】洗顔料をしっかり泡立てる

洗顔料は、泡立てネット等を使ってしっかりと泡立てるようにしましょう。

濃密モコモコ泡が出来ればOKです。

【洗顔手順3】濃密泡でTゾーンから洗顔

濃密泡を、Tゾーンや頬、顎など、まんべんなく乗せ、手と顔の肌が触れないように、泡をクッションにして優しくクルクルとマッサージをするように洗っていきます。

絶対にゴシゴシと洗わないようにしてください。手と顔の肌が触れないようにして、泡で洗うというのがポイントです。

【洗顔手順4】ぬるま湯でしっかり洗い流す

洗い終わったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。すすぎ残しの無いようにしっかりとすすぎます。

すすぎの時も、ゴシゴシとするのではなく、ぬるま湯を顔に付けるようなイメージで優しくすすぐようにしてください。

泡が残りやすいおでこやこめかみ部分は、特に注意してすすぐようにするといいですよ。

【洗顔手順5】清潔なタオルで水気を吸収させる

タオルで顔を拭く際もゴシゴシと擦ったりしないようにしてください。

清潔なタオルを使って、優しく顔を抑えるようにして水分を吸収させます。

間違った洗顔は毛穴を悪化させるので注意!

間違った洗顔は毛穴を悪化させるので注意!

毛穴の汚れや詰まりを解消する為には正しい洗顔をすることがとても重要です。

間違った洗顔をしていると、汚れを落とすことができないだけでなく、肌を傷つけたり余計に悪化させたりと、肌トラブルを招いてしまう原因にもなります。

あなたは普段こんな間違った洗顔をしていませんか?間違った洗顔例を紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【間違った洗顔1】1日に何度も洗顔している

顔の脂がひどい時や、汗をたくさんかいた時など、1日に何度も洗顔をしたくなる時があるかもしれませんが、洗顔を1日に何度もしてしまうと、肌に必要な皮脂やうるおい成分であるセラミドなどを洗い流してしまう原因になります。

そうすると、乾燥して余計に皮脂を分泌するようになったり、バリア機能を低下させてしまいます。

基本的に洗顔料を使った洗顔は夜の1回のみ。どうしても1日に何度も洗顔したい場合は、洗顔料を使わずに、ぬるま湯だけで洗顔するようにしてください。

【間違った洗顔2】洗浄力の強すぎる洗顔料を使っている

毛穴を綺麗にしたいからといって、洗浄力の強すぎる洗顔料を使っていると、肌に必要な皮脂だけでなく、角質層の天然保湿因子(NMF)やセラミドまで洗い流してしまいます。

洗浄力の強すぎる洗顔料は極力使わないようにしましょう。また、洗顔の時間をかけすぎないことも大切です。

【間違った洗顔3】洗顔料をしっかり泡立てていない

洗顔料をしっかりと泡立てずに、手や指で直接顔を洗うような洗顔をしていると、肌への負担となり、乾燥や赤みなどの原因になります。

必ず洗顔料をしっかりと泡立ててから洗顔するようにしてください。濃密できめ細やかな泡が毛穴の奥に入り込むことで、皮脂や汚れを浮かび上がらせてくれます。

洗顔料を泡立てるのが苦手だという人は、洗顔ネットを使えば誰でも簡単に濃密モコモコ泡が作れますので、ぜひ使ってみてください。

【間違った洗顔4】ゴシゴシと強く擦って洗っている

皮脂や汚れが気になるからといって、ゴシゴシと強く擦って洗うことは絶対にNGです。

ゴシゴシと強く洗ったからといって、皮脂や汚れが落ちるわけではありません。

そればかりか肌表面をこすってしまうと、肌を傷つけたり、バリア機能が低下して乾燥やしわ、たるみなど様々な肌トラブルの原因となります。

【間違った洗顔5】熱いお湯ですすいでいる

熱いお湯ですすぐと、肌を傷めたり、肌に必要な皮脂まで落としてしまい乾燥の原因になります。

反対に冷たい水だと、汚れが浮きにくくなったり、洗顔後に付ける化粧水の浸透が悪くなってしまいます。

以上の理由から、すすぎにはぬるま湯を推奨しています。

洗顔料の選び方は?

洗顔料の選び方は?

洗顔料は、汚れをしっかり吸着してくれるかどうかはもちろん大切ですが、肌への刺激もしっかり考慮して、植物由来の洗浄成分を配合したものなど、肌に優しいものを使うようにしましょう。

また、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されていると、乾燥を防いでくれるのでおすすめです。

反対に、「アルコール」「鉱物油」「香料」「着色料」などは肌への負担となるので、なるべく避けたいところです。

「界面活性剤」は汚れを落とす性能が高いですが、肌への刺激になるので、なるべく入っていないものを選びたいですね。

洗顔後は保湿をしっかりと

洗顔後は保湿をしっかりと

洗顔後は肌の水分量が急激に失われ、肌がつっぱったように感じたり、乾燥しやすい状態になります。

そのため、洗顔後はしっかりと保湿をしてあげる必要があります。

洗顔後、3分以内にスキンケアをするのが理想的です。

関連記事

毛穴はエステサロンでのケアがおすすめ?効果はあるの?

毛穴はエステサロンでのケアがおすすめ?効果はあるの?

ピーリングの最適な頻度は?毎日やるのはダメなの?

ピーリングの最適な頻度は?毎日やるのはダメなの?

クレンジングと洗顔の違いって?クレンジングだけ、洗顔だけじゃ駄目なの?

クレンジングと洗顔の違いって?クレンジングだけ、洗顔だけじゃ駄目なの?

メディユース パールホワイト スキンソープの口コミ・効果は?

メディユース パールホワイト スキンソープの口コミ・効果は?

毛穴の黒ずみの原因を教えて?まずは原因をしっかりと知ることが大事!

毛穴の黒ずみの原因を教えて?まずは原因をしっかりと知ることが大事!

毛穴クレンジングのおすすめは?プチプラの口コミ人気商品も紹介!

毛穴クレンジングのおすすめは?プチプラの口コミ人気商品も紹介!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です