化粧水はコットンと手でつけるのどっちが正解?メリット・デメリットは?

化粧水はコットンと手でつけるのどっちが正解?メリット・デメリットは?

毎日のスキンケアの必須アイテムと言えば化粧水ですね。

保湿を怠ると様々な肌トラブルの原因になりますので、化粧水は欠かせません。

そんな化粧水ですが、手でつけるべきなのか、コットンを使うべきなのか迷ってしまいますよね。

果たしてどっちが正解なんでしょうか。それぞれのメリットやデメリットなども踏まえて見ていきましょう。

個人的には「手」がおすすめ!しかし「コットン」でもOK!

個人的には「手」がおすすめ!しかし「コットン」でもOK!

個人的には「手」でつけるのをおすすめします。

手でつけておけば、まず間違いはありません。

ただ、コットンが駄目だというわけではありません。コットンを使ってもOKです。

では、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

化粧水を「手」で付ける時のメリット・デメリット

化粧水を「手」で付ける時のメリット・デメリット

メリット

肌への刺激が少ない

コットンと比べると、手でつけた方が、肌への刺激が少ないです。そのため、お肌に優しく使うことが出来ます。

肌に浸透させやすい

手の温度で、化粧水の保湿成分や美容成分がお肌に浸透しやすくなるので、より効果的です。

自分の肌状態を確認できる

手でお肌に直接触れることで、自分の肌状態を確認することが出来ます。

「肌が乾燥していないか」
「肌がざらついていないか」
「吹き出物が出来ていないか」

などの状態を確認でき、いち早く対策に取り組むことができます。

化粧水を無駄なく使える

コットンに化粧水を湿らせて使うとなると、どうしてもコットンに化粧水が残ってしまい無駄になってしまいます。

しかし、手でつければ化粧水を無駄なく使うことが出来ます。

コットンを買う必要が無い

当然、手でつける場合にはコットンを買う必要が無く、経済的です。

デメリット

手をしっかり洗った状態で使わないと不衛生

化粧水をつける前にしっかり手を洗っていないと不衛生です。

汚れた手で肌に触れてしまうと、雑菌が肌に付いてしまい、肌荒れ等の肌トラブルを引き起こす可能性があります。

均一につきにくい

上手く使わないと、まんべんなく肌に付けることができずにムラになってしまう可能性があります。

目元や小鼻、口元など、細かいパーツに手で化粧水をつけることは難しくなります。

手では扱いにくい化粧水もある

ふき取り化粧水など、商品によっては手では扱いにくい場合もあります。

テクスチャがかなりサラサラとしていると、化粧水をつける時に手からこぼれてしまう可能性もあります。

化粧水を「コットン」で付ける時のメリット・デメリット

化粧水を「コットン」で付ける時のメリット・デメリット

メリット

清潔に使える

新しいコットンを使えば、清潔に使うことが出来ます。

ちなみに、コットンを使う時は必ず、新しいコットンを使うようにしましょう。一度使用したコットンを使い回すのは厳禁です。

均一にケアができる

手で化粧水をつけると、細かいパーツ部分など手では触れにくい部分が出てきてしまい、どうしてもムラが出来やすいです。

しかしコットンを使えば、手では付けにくい箇所もしっかりケアが出来、ムラになるリスクを減らすことが出来ます。

どんなタイプの化粧水も扱いやすい

コットンを使うと、どんなタイプの化粧水も扱いやすいです。

しっかりと化粧水を染み込ませれば、サラサラのテクスチャでもこぼれる心配はありません。

デメリット

肌への刺激になる可能性

手で付ける場合と比べて、コットンを使うと肌への刺激が大きいです。

お肌を擦るようにコットンをスライドさせて使っていると、刺激によってシミやしわの原因になります。

また、毛羽立っているいるものや品質の悪いコットンを使っていると、肌への負担となり、様々な肌トラブルの原因となります。

自分の肌状態を確認できない

直接お肌に触れないので、自分の肌状態を確認することが出来ません。

化粧水が無駄になる

コットンに吸収させた化粧水は、全て使いきることは出来ません。

コットンに残った化粧水が無駄になってしまいます。

化粧水の正しい使い方やポイント

化粧水の正しい使い方やポイント

「手」で行う場合

1) 手を洗い、清潔な状態にします。

2) 手の平に適量(500円玉大くらいが目安)をとり、手の平全体に広げます。

3) 顔の中心から外側へ、手で顔を包み込むようにして優しく馴染ませます。

4) 目元や口元等の乾燥しやすいパーツは、重ね付けをします。

5) 首元やデコルテ部分も付けます。

ポイント1:必ず清潔な手で

化粧水は必ず清潔な手でつけるようにしてください。

色んなモノに触れることがある手は、普段の生活で知らぬ間に雑菌だらけになっています。

化粧水をつける時は、必ず手を洗って清潔な状態にしてから行うようにしましょう。

ポイント2:数回に分けてつける

化粧水は一度にバシャッとつけるのではなく、数回に分けて(2~3回くらい)つけるようにしましょう。

ポイント3:力を入れ過ぎない・擦らない

強すぎるパッティングは要注意です。刺激となって肌へのダメージとなる可能性があります。

当然肌を擦るようなつけ方もNGです。

手の平を顔にあててじっくり馴染ませるように浸透させます。優しく包み込むように、手が密着するようなイメージです。

「コットン」を使う場合

1) コットンを中指と薬指ではさみ、人差し指で押さえます。

2) コットンに化粧水を適量染み込ませます。※コットンの裏側に染みるくらい

3) コットンを密着させ、優しく滑らせます。基本的には下から上へ、顔の中心から外側の方向へ動かします。

【※パーツごとの動かし方例】
おでこ: 円を描くように下から上へ
目元: 上まぶた・下まぶたに沿って目頭から目尻へ
頬: 顔の中心から外側へ
小鼻周り: 鼻筋に沿って下から上へ

洗顔後は化粧水をすぐにつけましょう

洗顔後は化粧水をすぐにつけましょう

洗顔後は最も乾燥しやすい状態ですので、洗顔後はすぐに化粧水をつけるようにしましょう。

また、化粧水の浸透率も高まっているので、洗顔後はできるだけ早くつけることが美肌への第一歩となります。

当サイト一押しおすすめ化粧水

C-マックスローション

C-マックスローション

C-マックスローションは、ビタミンC誘導体「リン酸アスコルビルMg」を高濃度に配合した化粧水です。

この「リン酸アスコルビルMg」には、マグネシウムやミネラルが含まれているので、通常のビタミンCの10倍の浸透力があり、肌細胞の奥の奥まで素早く浸透してくれます。

毛穴ケアに効く成分もしっかりと配合されており、レチノール誘導体によって、ターンオーバーを促進させてくれるので、毛穴のつまりを防ぐことができます。

また、ローズマリーエキスも配合されており、毛穴の開きやたるみを改善し、ニキビ等を抑えたり健やかなお肌へと導いてくれます。

香料・着色料・パラベンなど、不要なものは一切使用されていないので、敏感肌の方でも安心して使えます。

ビーグレン QuSomeローション

ビーグレン QuSomeローション

QuSomeローションは、ビーグレン独自の新技術「Charged QuSome」を使用した17時間潤いが続く高保湿化粧水です。

「浸透性」だけでなく「貯蓄性」も強化したことで、スキンケア成分が角質奥深くへと行き渡り、長時間とどまり続けることを可能としました。

また、新型ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」が配合されています。

「セラミド」の生成を促進し、体内で定着させてくれるので、肌のふっくら感やうるおい感を実感することができます。

日本先端医療医学会によって、科学的に保湿力が認定された数少ない化粧水であり、毛穴・ニキビ・乾燥・シミ・しわといったあらゆるお肌の悩みに有効です。

お得な美白集中ケアコースキャンペーン中♪

ハイドロキノン3%配合!美容医療の先進国スイスで生まれた「ハイドロキノン集中美白クリーム」が現在キャンペーン中です。

>>>お得な集中ケアコースキャンペーン実施中!!!<<<
ハイドロキノン集中美白クリーム

関連記事

泡立てネットの正しい使い方は?洗顔は泡が命!保管方法も注意しよう

泡立てネットの正しい使い方は?洗顔は泡が命!保管方法も注意しよう

朝の洗顔は洗顔料を使った方いい?水だけ洗顔?毛穴にいいのはどっち?

朝の洗顔は洗顔料を使った方いい?水だけ洗顔?毛穴にいいのはどっち?

収れん化粧水とは?正しい使い方や順番!一般的な化粧水との違いを解説

収れん化粧水とは?正しい使い方や順番!一般的な化粧水との違いを解説

アンベリール コントロールセラムの口コミ!効果は本当にあるの?

アンベリール コントロールセラムの口コミ!効果は本当にあるの?

「綿棒+オイル」ケアはいちご鼻に効果はあるの?本当に効果のあるケア方法は?

「綿棒+オイル」ケアはいちご鼻に効果はあるの?本当に効果のあるケア方法は?

毛穴の黒ずみにおすすめの洗顔料は?黒ずみを解消する正しい洗顔方法も教えて?

毛穴の黒ずみにおすすめの洗顔料は?黒ずみを解消する正しい洗顔方法も教えて?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です