朝の洗顔は洗顔料を使った方いい?水だけ洗顔?毛穴にいいのはどっち?

朝の洗顔は洗顔料を使った方いい?水だけ洗顔?毛穴にいいのはどっち?

朝起きてから洗顔をすると思いますが、

「洗顔料は使った方がいい?」
「寝てただけなんだから水だけの洗顔でいいんじゃないの?」

と、疑問に思う人も多いと思います。

そこで今回は、朝の洗顔は洗顔料を使った方がいいのか、水だけでも問題無いのか解説します。

朝起きた時、顔は汚れていないは間違い

朝起きた時、顔は汚れていないは間違い

朝起きた時は寝てただけなんだから顔は汚れてないというのは間違いです。

寝ている間も汗をかきますし、皮脂が分泌されます。

また、枕やシーツなどのほこりやダニが顔に付着します。

洗顔料を使った洗顔・水だけ洗顔どっちがいい?

洗顔料を使った洗顔・水だけ洗顔どっちがいい?

では、朝の洗顔は洗顔料を使うべきか、水だけ洗顔にするべきなのか、どちらがいいのでしょうか。

まずそれぞれのメリットを見ていきましょう。

洗顔料を使った洗顔のメリット

寝ている間にも、汗や皮脂、ほこりやダニなど、様々な汚れが顔に付着しています。

こうした汚れを放置していると角栓となって毛穴詰まりの原因となったり、酸化して黒ずみの原因となったりします。

特に、皮脂等の油汚れは水だけで落とすのは困難です。

ただ、洗顔料を使えばこうした皮脂汚れもしっかり落とすことが出来ますので、朝に洗顔料を使うことのメリットだと言えます。

水だけ洗顔のメリット

皮脂は汗と混ざり合うと「皮脂膜」を作り、肌をコーティングして乾燥から守ってくれる役割があります。

洗顔料を使うと、こうした肌に必要な皮脂まで落としてしまい乾燥を招く可能性があります。

肌が乾燥すると、皮膚を潤そうと過剰に皮脂を分泌するようになり、洗顔したはずなのに顔が余計にベタベタしてしまうこともあります。

乾燥肌の人や皮脂分泌量が少ない人は、朝の洗顔を水だけにすることで、肌トラブルから解消されたというケースもあるほどです。

どちらにするかはお肌状態&タイプで決めるべき

どちらにするかはお肌状態&タイプで決めるべき

朝の洗顔は、洗顔料を使うべきなのか、水だけにするべきなのか、どちらにするかはお肌状態で決めるべきです。

脂性肌・オイリー肌の場合

皮脂分泌量が多く、テカリやすい脂性肌・オイリー肌タイプの人は、朝も洗顔料を使って皮脂汚れをしっかり落とした方がいいでしょう。

とはいえ、洗浄力の強すぎる洗顔料を使ったり、汚れを落としたいからといってゴシゴシ洗うのは厳禁です。

乾燥肌・敏感肌の場合

乾燥肌・敏感肌タイプの人は、水やぬるま湯だけの洗顔で良いかと思います。

どうしても変性皮脂が気になる場合は、刺激の少ない洗顔料で、しっかり泡立てて優しく洗うといいでしょう。

混合肌の場合

ベタついた部分と乾燥した部分が混在する混合肌タイプの人は、Tゾーンなどの皮脂分泌が気になる部分だけ、洗顔料で洗うようにして、その他の部分は水やぬるま湯で洗い流すようにするといいでしょう。

顔全体皮脂があまり気にならないのであれば、水やぬるま湯のみの洗顔でもいいと思います。

正しい洗顔方法で洗顔を

正しい洗顔方法で洗顔を

ゴシゴシと肌を擦る洗顔方法は絶対NGです

ゴシゴシ擦ると肌の負担となり、乾燥などの肌トラブルの原因となります。

必ず正しい洗顔方法で洗顔をするようにしてください。

洗顔料を使った朝洗顔方法

1) 手を石鹸等でしっかり洗い清潔にします。

2) ぬるま湯で顔をすすぎ、皮脂や汚れを浮かせます。

3) 洗顔料をしっかり泡立てます。濃密モコモコ泡で洗顔をすることで摩擦を抑え、肌への負担を減らすことができます。
※洗顔ネットを使えば簡単にモコモコ泡が作れます。

4) Tゾーン(おでこ、鼻)から洗っていきます。泡をクッションにして、手が顔に触れないように優しくクルクルと洗います。

5) 続いて、Uゾーン(頬、顎)をあらい、最後に目元、口元を洗っていきます。

6) ぬるま湯でしっかりとすすぎます。すすぎ残しのないようにしましょう。

7) 清潔なタオルで優しくポンポンと抑えるように拭き取ります。

水だけ洗顔の朝洗顔方法

1) 手を石鹸等でしっかり洗い清潔にします。

2) ぬるま湯をパシャパシャと優しくかけながら、指の腹で優しく撫でるように顔を洗います。くれぐれもゴシゴシ洗ったり、肌に負担をかけないようにしましょう。

3) 清潔なタオルで優しくポンポンと抑えるように拭き取ります。

洗いすぎには注意しましょう

洗いすぎには注意しましょう

くれぐれも洗い過ぎには注意するようにしましょう。

皮脂の落とし過ぎは様々な肌トラブルの原因になります。

朝、洗顔料を使って洗顔をするのであれば、洗顔料を使った洗顔の時間を短縮して、必要最低限の時間だけにすることが大切です。

肌状態にもよるので一概には言えませんが、洗顔料で洗っている時間は大体「10秒~20秒」くらいがいいでしょう。

汚れがひどくない時は洗顔料を付けてすぐに洗い流したり、その分夜の洗顔で念入りに洗顔するなど、肌状態を見て適宜調整するといいですよ。

朝洗顔に選ぶべき洗顔料は?

朝洗顔に選ぶべき洗顔料は?

朝洗顔に使う洗顔料はどのようなことに注意して選べばいいのでしょうか。

泡立ちが良い

朝夜に関係なく、洗顔はをする時は、洗顔料をしっかり泡立てることは必須です。

しっかり泡立てることで、皮脂や汚れが吸着しやすくなるのはもちろん、肌への負担を抑えることが出来ます。

必ず泡立ちが良い洗顔料を選ぶようにしましょう。

「朝は忙しくてしっかり泡立てている余裕なんて無い!」なんて人もいるかもしれませんが、洗顔ネットを使えば簡単に泡立てることが可能です。

肌に優しい

強い洗浄成分が入っていない、肌に優しい洗顔料を選ぶようにしてください。

肌に優しく、不要な汚れだけを落とすシンプルな洗顔料がいいでしょう。

なるべく合成界面活性剤や 防腐剤、鉱物油、アルコールなど無添加なものを選ぶようにするといいでしょう。

保湿成分が含まれている

保湿成分が入っている洗顔料を選ぶことも重要なポイントです。

保湿成分が入っていると洗顔後につっぱりにくく、肌の潤いを保ってくれます。

植物由来の天然保湿成分が配合されている洗顔料が特におすすめです。

おすすめ洗顔料

アヤナス クリームウォッシュ

DECENCIA(ディセンシア)アヤナス クリームウォッシュ コンセントレート

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から誕生した洗顔料です。

肌をこすらず優しく洗えるきめ細かい濃密な泡立ちを追求し、毛穴や細かい溝まで入り込んで、不要な汚れを落とします。

また、「CVアルギネート」や「ビルベリー葉エキス」などのハリ・弾力ケア成分が、たるみ毛穴にもしっかりアプローチしてくれます。

さらに、ディセンシア独自技術である「セラミドナノスフィア」などの保湿成分をたっぷり配合!乾燥を防ぎ、ふっくらなめらかなお肌へと導いてくれます。

安全性、洗い心地、成分など、細部までこだわりぬいた一品ですので、毛穴でお悩みの全ての方におすすめできます。

#肌をメイクする石鹸

#肌をメイクする石鹸

#肌をメイクする石鹸は、限界量の超低分子コラーゲンを配合することに成功した職人による極上手作り石鹸です。

また、ヒアルロン酸の2倍の保湿力といわれている「リピジュア」を配合しており、水洗いしてもその保湿性は維持され、長時間うるおいが持続するのが大きな特徴です。

さらに、コエンザイムQ10、スクワラン、セラミド3など美容液並みのエイジングケア成分配合されています。

泡立ちも良いので肌に刺激を与えず、毛穴の奥の汚れまでしっかり優しく落としてくれます。

朝でも保湿はしっかりと

忙しい朝でも、保湿はしっかりとするようにしましょう。

洗顔後のお肌は非常に乾燥しやすいです。洗顔と保湿はセットで行うというのを常に意識しておくようにしましょう。

ビーグレン QuSomeローション

ビーグレン QuSomeローション

QuSomeローションは、ビーグレン独自の新技術「Charged QuSome」を使用した17時間潤いが続く高保湿化粧水です。

「浸透性」だけでなく「貯蓄性」も強化したことで、スキンケア成分が角質奥深くへと行き渡り、長時間とどまり続けることを可能としました。

また、新型ビタミンC誘導体「3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸」が配合されています。

「セラミド」の生成を促進し、体内で定着させてくれるので、肌のふっくら感やうるおい感を実感することができます。

日本先端医療医学会によって、科学的に保湿力が認定された数少ない化粧水であり、毛穴・ニキビ・乾燥・シミ・しわといったあらゆるお肌の悩みに有効です。

また、化粧水だけでは保湿は不十分です。乳液やクリームでしっかり蓋をして、保湿成分を補ってあげることも大切です。

アクティブコンディショニング ベーシック 乳液

アクティブコンディショニング ベーシック 乳液

ファンケルのアクティブコンディショニング ベーシック 乳液には、素肌美のカギとなる、美しい角層を育む「アクティブセラミド」を配合しています。

この「アクティブセラミド」は、角質層に足りないセラミドを補給するだけでなく、肌自身のセラミド生産力も高めることが出来、肌自らが美しい角層を育む力「自活力」を高めてくれます。

また、「甘藻エキス」や「フレッシュローヤルゼリーエキス」などの角層を整え、潤いをキープしてくれる成分もしっかり配合しています。

その他美容成分もたっぷり配合しており、無添加でお肌に優しいから、普通肌・混合肌・乾燥肌、すべての肌タイプの方が安心して使用できます。

関連記事

毛穴が目立つ原因とは?5大要因を徹底解剖!

毛穴が目立つ原因とは?5大要因を徹底解剖!

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは?どっちが肌にいいの?

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは?どっちが肌にいいの?

収れん化粧水とは?正しい使い方や順番!一般的な化粧水との違いを解説

収れん化粧水とは?正しい使い方や順番!一般的な化粧水との違いを解説

手の甲の毛穴が目立つ!原因と対策法は?

手の甲の毛穴が目立つ!原因と対策法は?

毛穴に効く果物10選!フルーツで美肌を目指す!

毛穴に効く果物10選!フルーツで美肌を目指す!

美容鍼は毛穴に効果ある?

美容鍼は毛穴に効果ある?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です