洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは?どっちが肌にいいの?

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは?どっちが肌にいいの?

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いをご存知ですか?

「肌にいいのはどっち?」
「見分け方は?」

そんな疑問にお答えするべく、洗顔石鹸と洗顔フォームの違いや、見分け方など詳しく解説致します。

「固形=洗顔石鹸」「チューブ=洗顔フォーム」ではない

「固形=洗顔石鹸」「チューブ=洗顔フォーム」ではない

勘違いしている人もいるかもしれませんが、固形タイプだから「洗顔石鹸」、チューブタイプだから「洗顔フォーム」というわけではありません。

洗顔料の種類を判断する上で、「形状」はあまり関係がありません。

固形タイプでも「石鹸ではない」場合がありますし、反対に、チューブタイプが「石鹸」の場合があります。

「合成界面活性剤」が使用されているものが洗顔フォーム

「合成界面活性剤」が使用されているものが洗顔フォーム

洗顔石鹸と洗顔フォームを見分けるには、配合されている成分に着目する必要があります。

基本的には、石けん素地が含まれておらず、洗浄成分として「合成界面活性剤」が使用されているものが「洗顔フォーム」と呼ばれています。

合成界面活性剤とは、水と油などの本来なら混ざり合うことのない物質が、混じり合えるように「人工的」に合成された物質のことを言います。

洗顔フォームは、この合成界面活性剤によって、皮脂やほこりなどの汚れを落とし洗浄します。

それに対し洗顔石鹸は、合成界面活性剤ではなく、天然の洗浄成分を持っています。

つまり、洗浄成分に「合成界面活性剤」が含まれているか、含まれていないかで見分けることが出来るのです。

「合成界面活性剤」は肌に悪い?

「合成界面活性剤」は肌に悪い?

「合成界面活性剤」は、石油などを合成して作られた人工的なもので、食器用洗剤などにも使用されます。

食器を洗うのに強力な洗浄力は必要ですが、顔を洗うのにそこまでの洗浄力は必要ありません。

洗浄力が強すぎると、肌のバリア機能を低下させ、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌荒れや乾燥などの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

ドラッグストア等に売っている洗顔料は、この「合成界面活性剤」が配合されている場合が多いので注意が必要です。

界面活性剤が悪いわけじゃない!「合成」と付くものが悪い

界面活性剤が悪いわけじゃない!「合成」と付くものが悪い

界面活性剤にも色々種類があります。

勘違いして欲しくないのは、全ての界面活性剤が肌に悪いわけではありません。

「合成」と付くものが肌に悪いのです。

「合成界面活性剤」は、人工的に合成された化学成分のため、肌への刺激となって様々な肌トラブルの原因になる可能性があります。

しかし、天然成分から出来た界面活性剤であれば、肌への刺激は少なく、敏感肌のような肌の弱い方でも安心して使うことが出来ます。

洗顔石鹸を選ぶ方法・ポイント

洗顔石鹸を選ぶ方法・ポイント

合成界面活性剤が含まれている「洗顔フォーム」では無く、合成界面活性剤が配合されていない「洗顔石鹸」を選ぶ方法は、「合成界面活性剤フリー」または「合成界面活性剤不使用」と表示のある商品を選ぶことです。

合成界面活性剤以外にも、着色料や防腐剤などの添加物が配合されていないものを選んだ方がいいでしょう。

また、成分表記が「石ケン素地」と「水」のみとなっているような、シンプルな成分だけで出来ている商品を選ぶのもいいでしょう。

合成界面活性剤不使用の洗顔料を使おう

合成界面活性剤が使用されていない、おすすめの洗顔料を紹介します。

リメイ バウンシィホイップ

リメイ バウンシィホイップ

リメイ バウンシィホイップの一番の特徴は、モコモコの超濃密クッション泡!500円玉を乗せても大丈夫なくらい濃密で弾力のある泡で、肌への摩擦が無く、優しく洗い上げてくれます。

ミネラルを含む泥「ホワイトクレイカオリン」を配合しているので、皮脂汚れや古い角質などの吸着力・洗浄力がすごいです。

また、「パパイン酵素」によって古くなった細胞のみをピンポイントで分解してくれるので、ターンオーバーを整えてくれます。

「ダマスクバラ」「タチジャコウソウ」「ローズマリー」などの天然由来の保湿成分が配合されているので、洗顔後に水分が逃げずに肌がつっぱることがありません。

無添加で肌に優しいので、敏感肌の方でも安心です。

VCOマイルドソープ

VCOマイルドソープ

VCOマイルドソープは、最高品質のヴァージンココナッツオイル(VCO)を配合した自然派洗顔石鹸です。

ヴァージンココナッツオイルのおよそ半分は、母乳と同じ成分「ラウリン酸」で出来ており、免疫力を高めたり、強い細胞を作る働きがあります。

また、角質層の水分を保つ働きをしてくれるヒアルロン酸もたっぷり配合されています。

ヴァージンココナッツオイルとヒアルロン酸のW保湿によって、洗顔後もつっぱることなく、しっとりとした肌を実感することが出来るのです。

生クリームのような超濃密モコモコ泡ができるので、肌への摩擦を無くすだけでなく、毛穴奥の汚れや古い角質もきれいに落としてくれます。

関連記事

男性もクレンジングは必要ですか?

男性もクレンジングは必要ですか?

セルフューチャー 泡立つホワイトパックの口コミ・使い方は?エステ級の濃密炭酸パックで感動!

セルフューチャー 泡立つホワイトパックの口コミ・使い方は?エステ級の濃密炭酸パッ...

毛穴の正しい洗顔方法を徹底解説!間違った洗顔は毛穴トラブルの元に!?

毛穴の正しい洗顔方法を徹底解説!間違った洗顔は毛穴トラブルの元に!?

毛穴におすすめの化粧水は?プチプラから本格派までを厳選して紹介!

毛穴におすすめの化粧水は?プチプラから本格派までを厳選して紹介!

洗顔料の泡立て方法・コツを教えて?濃密モコモコ泡でしっかり汚れを落とす!

洗顔料の泡立て方法・コツを教えて?濃密モコモコ泡でしっかり汚れを落とす!

手の甲の毛穴が目立つ!原因と対策法は?

手の甲の毛穴が目立つ!原因と対策法は?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です