鼻の黒ずみが取れない時の対処法!

鼻の黒ずみが取れない時の対処法!

ちゃんと角栓ケアをしているのに「鼻の黒ずみが取れない」とお悩みの方は多いと思います。

ポツポツと小鼻が黒ずんでいると目立ちますし、不潔に見えるので何とかしたいですよね。

今回は、そんな鼻の黒ずみ汚れにお悩みの方がぜひ実践したい対策方法を紹介します。

鼻の黒ずみが取れない人の対策方法

鼻の黒ずみが取れない人の対策方法

メイクをしていない人もクレンジングをしてみる

クレンジングは本来、メイクを落とす為のものですが、メイクと同じ油分である皮脂等の汚れを落とすのにも向いています。

過剰に皮脂を分泌してしまうことで、角栓が詰まってしまったり、テカリやベタつきなどがある場合には、非常に効果的なんです。

クレンジングは洗浄力が強すぎず、低刺激で肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

黒ずみケアにおすすめのクレンジング

ラミナーゼ モイストクレンジングバーム

ラミナーゼ モイスト クレンジングバーム

ラミナーゼ モイスト クレンジングバームは、水と油が層状になった「ラメラ構造」のクレンジングなので、皮脂やメイク汚れ、ほこりや目に見えない汚れまでも、綺麗に落としてくれます。

この独自技術「ラメラテクノロジー」は、汚れを落としながらも、水分保持機能やバリア維持機能を発揮するため、洗い上がりはヌルつかずしっとりとした肌を実感できます。

ハリ美容成分「フラーレン」も配合されており、抗酸化力が非常に強いのが特徴で、その効果はビタミンCの「172倍」、プラセンタの「800倍」と言われています。

クレンジングと洗顔がこれ1本で可能!W洗顔不要なので、忙しい時でも楽ですし、経済的にもリーズナブルで嬉しいです♪

正しいクレンジング方法

正しいクレンジング方法を紹介します。

・手を清潔にする
クレンジングを行う前に、必ず手を清潔にするようにしましょう。手に雑菌が付いた状態でクレンジングをしてしまうと、毛穴が綺麗になるどころか、顔に雑菌が付着してしまい、肌荒れ等の肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

・クレンジング剤は適量使う
クレンジング剤は必ず適量を使うようにしましょう。勿体無いからといってケチって使うと、汚れをしっかり落とすことが出来ませんし、肌への摩擦となって刺激を与えてしまう原因にもなります。必ず商品の説明書きにある適量を守るようにしてください。

・Tゾーンから洗う
皮脂量の多いTゾーン(おでこ・鼻)から洗っていくようにしましょう。その後はUゾーン(頬・あご)を洗い、目元や口元を洗います。

汚れを落としたいからといってゴシゴシ洗いは絶対NG!肌への刺激となって乾燥や肌荒れなどのトラブルの原因になります。

・ぬるま湯ですすぐ
洗い終わったらすすぎ残しの無いよう、ぬるま湯でしっかりすすぎます。

洗顔を見直す

鼻の黒ずみが取れない人は、間違った洗顔をしている可能性があります。ゴシゴシ洗いなどの間違った洗顔をしていると、黒ずみが改善するどころか、余計に悪化させてしまう危険性があります。

正しい洗顔方法

黒ずみケアに効果的な洗顔方法を紹介します。

・手を清潔にする
クレンジングの時と同様、洗顔も清潔な手で行う必要があります。雑菌が付いた手で洗顔をしてしまうと、毛穴が綺麗になるどころか、顔に雑菌が付着してしまい、肌荒れ等の肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

・ぬるま湯ですすぐ
洗顔料で洗う前に、表面の汚れを軽くぬるま湯ですすぎます。

・洗顔料をしっかり泡立てる
洗顔時の一番のポイントはココ!洗顔料は必ずしっかりと泡立てるようにしましょう。しっかり泡立てることで、汚れを吸着・除去しやすくなるだけでなく、泡がクッションとなって肌への摩擦を防ぐことができます。

洗顔料を泡立てるのが苦手な人は、泡立てネットを使えば簡単に泡立てることができるのでおすすめです。

・Tゾーンから洗う
洗顔料が泡立ったら顔を洗っていきます。

皮脂量の多いTゾーン(おでこ・鼻)→Uゾーン(頬・あご)→目元や口元等の順に洗います。

泡をクッションにして手が顔に触れないよう優しくクルクルと洗うのがポイントです!ゴシゴシ洗いは肌への刺激となるので絶対NG!

・ぬるま湯ですすぐ
洗い終わったらすすぎ残しの無いよう、ぬるま湯でしっかりすすぎます。

前髪の生え際やこめかみ部分はすすぎ残しやすい箇所なので注意しましょう。

・清潔なタオルで水分を拭き取る
清潔なタオルで、水分を優しく拭き取ります。

洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開かせるのも効果的

毛穴の黒ずみがなかなか取れないという頑固な毛穴詰まりにお悩みの方は、洗顔前に蒸しタオルを使うと効果的です。

適度な熱と蒸気によって肌が温められ、血行が促進されて毛穴が開きやすくなります。

また、毛穴に詰まった角栓や汚れを浮かび上がらせてくれるので、毛穴奥の汚れも落ちやすくなります。

■蒸しタオルの作り方
蒸しタオルの作り方はとっても簡単です。

電子レンジとフェイスタオルさえあれば、誰でも簡単に作る事が出来ます。

タオルを濡らし、軽く水気を絞った後に、おしぼりのようにクルクル巻いて電子レンジでチンするだけです。

温める時間は大体1分くらいですが、使用する電子レンジによって違うと思いますので、適宜調整してください。

また、チンした直後に顔に乗せてしまうと火傷してしまう危険性もあるので、電子レンジから取り出したら必ず手でポンポンタオルをたたいたりして温度を調整するようにしてくださいね。

洗顔料の選び方も重要

洗顔料は、不要な皮脂や古い角質をしっかりと落としてくれる成分を配合しているものを選ぶようにしましょう。

しかし、洗浄力が強すぎるものは、肌に刺激となったり、肌に必要な皮脂まで落としてしまうのでNGです。

また、保湿成分や美容成分が配合されているものを選んで、肌の潤いを保つようにするといいでしょう。

毛穴ケアにおすすめの洗顔料を紹介します。

ホワイトヴェール 白雪洗顔

ホワイトヴェール 白雪洗顔

ホワイトヴェール 白雪洗顔は、フランス産のカオリンと国産モンモリロナイトの、2つの天然ホワイトクレイを配合した美白洗顔料です。

毛穴に詰まった汚れや角栓をピタッと吸着し、優しく取り除いてくれます。

また、ヨーロッパ原産のホワイトフラワーエッセンスをたっぷりと配合しており、透明感のある、ワントーン明るいお肌へと導いてくれます。

保湿成分もたっぷりと配合されているので、洗顔後はしっとりとしてつっぱることがありません。

天然ベルガモットの香りで、いつもの洗顔がリラックスタイムに♪

パールホワイト スキンソープ

メディユース パールホワイト スキンソープ

メディユースの「パールホワイト スキンソープ」は、AHAフルーツ酸やパパインなどの成分によって安全に古い角質を取り除き、毛穴の開き・くすみなどを解決してくれる洗顔石鹸です。

超極粒子のたっぷり弾力泡で、肌に刺激を与えずに優しく洗うことが出来ます。

ヒアルロン酸の2倍の保水力があると「ポリクオタニウム-51」や、肌の酸化を防いでくれる「ユキノシタエキス」等を配合しているため、保湿&美白効果も!

無添加で肌に優しいから敏感肌の方でも安心して利用できます。

酵素洗顔を取り入れてみるのもおすすめ

鼻の黒ずみがひどいといった場合には、酵素洗顔を取り入れてみるのもおすすめです。

黒ずみの原因となる角栓は、ほとんどたんぱく質から出来ているのですが、酵素にはたんぱく質を分解する作用があるので、非常に効果的なんです。

ただし、通常の洗顔よりも刺激が強いので、週1程度のスペシャルケアとして使用するのを推奨しています。

ナールスフォーム

ナールスフォームは、天然パパインを配合した酵素洗顔パウダーです。

パパインとは、未成熟なパパイアから抽出した酵素のことであり、不要な角質だけにアプローチしてくれるので、肌に必要な角質はそのままで、肌への刺激はかなり抑えられます。

一般的な酵素洗顔は、泡立ちが上手く出来ないものが多いですが、ナールスフォームはこだわりぬいた特許技術製法によって、キメ細かくもっちりとした泡を簡単に作ることが出来ます。

また、良質な保湿成分「マリンコラーゲン」が配合されているため、洗顔後につっぱることがなく、しっとりとした洗い上がりになります。

防腐剤・香料・着色料・石油系界面活性剤などは不使用で、お肌に優しいので敏感肌の方でも安心して使うことが出来ます。

保湿ケアをしっかりと

肌の黒ずみには、保湿ケアも欠かすことが出来ません。

肌が乾燥してしまうと毛穴の開口部が硬くなったり、たるみやすくなることで、角栓が詰まりやすくなってしまいます。

また、乾燥した肌を潤そうとして皮脂を過剰に分泌するようになります。

黒ずみと保湿はあまり関係が無いと思っている人も多いかもしれませんが、保湿をしっかりすることで、黒ずみ毛穴の改善に繋がります。

正しいスキンケア方法

化粧品を使ったスキンケア方法は、商品によって異なる場合がありますが、基本的には「化粧水」→「美容液」→「乳液またはクリーム」の順で行います。

まずは化粧水で角質層に水分を与えてキメを整えます。手のひらを使って優しく吸い付くように押さえ、浸透させます。

美容液には保湿やエイジングケアなどの効果がある美容成分が凝縮されています。美容液も化粧水と同様、手のひらをつかって、優しく浸透させましょう。

最後に保湿成分や美容成分が維持できるよう、乳液またはクリームで蓋をしてあげましょう。

毛穴黒ずみにおすすめの化粧品

C-マックスローション

C-マックスローション

C-マックスローションは、ビタミンC誘導体「リン酸アスコルビルMg」を高濃度に配合した化粧水です。

この「リン酸アスコルビルMg」には、マグネシウムやミネラルが含まれているので、通常のビタミンCの10倍の浸透力があり、肌細胞の奥の奥まで素早く浸透してくれます。

毛穴ケアに効く成分もしっかりと配合されており、レチノール誘導体によって、ターンオーバーを促進させてくれるので、毛穴のつまりを防ぐことができます。

また、ローズマリーエキスも配合されており、毛穴の開きやたるみを改善し、ニキビ等を抑えたり健やかなお肌へと導いてくれます。

香料・着色料・パラベンなど、不要なものは一切使用されていないので、敏感肌の方でも安心して使えます。

バランシングセラムC

バランシングセラムC

バランシングセラムCは、高濃度ビタミンC配合の毛穴に働きかける美容液です。

保湿成分グリセリンと反応させたビタミンC誘導体を使用しているので、通常のビタミンC誘導体よりも高い保湿力・持続力が期待できます。

コラーゲン生成や肌のターンオーバーを促進する作用のほか、抗酸化作用やメラニン生成抑制など、お肌にマルチに働きかけてくれます。

また、「ローヤルゼリー酸」、「グリチルリチン酸2K」、「プロテオグリカン」といったあらゆる毛穴にアプローチする天然美容成分もたっぷり配合されています。

そのため、毛穴の詰まりや黒ずみ、開き毛穴、たるみ毛穴などに効果を発揮します。

DECENCIA(ディセンシア)アヤナス クリーム コンセントレート

DECENCIA(ディセンシア)アヤナス クリーム コンセントレート

DECENCIA(ディセンシア)アヤナス クリーム コンセントレートは、特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」によって、外部刺激をブロックし、肌本来のバリア機能を高めてくれます。

美容成分を閉じ込め、徹底保湿することで、上質な肌へと仕上げてくれる極上クリームです。

人体に存在するセラミドと同じ構造を持つ「ヒト型セラミド」をナノサイズにしてカプセル化することで、抜群の保湿力と浸透力を誇ります。

また、エイジングケア成分である「CVアルギネート」によって、ハリや弾力をアップしてくれるので、たるみ毛穴も目立ちにくくしてくれます。

毛穴パックはほどほどに

コンビニやドラッグストアなどで購入できる毛穴パックの使用はほどほどにしておきましょう。

手軽に出来て、ごっそり角栓が取れるので、病み付きになっている人も多いかもしれませんが、頻繁に使うと毛穴が開きっぱなしになってしまう原因になります。

毛穴パックの粘着力は非常に強力なので、引き剥がす際に、毛穴の汚れだけでなく、肌の潤いを保つのに必要な皮脂まで剥ぎ取ってしまい、乾燥の原因になります。

また、毛穴の汚れが取り除かれる際に、毛穴が押し広げられてしまい、毛穴が広がりやすくなってしまいます。

たまに使う分にはいいですが(月1~2回くらい)、頻繁に使うことは避けるようにしてください。

そして、毛穴パックを使った後は、保湿などのアフターケアをしっかりするようにしましょう。

まとめ

まとめ

鼻の黒ずみが取れない時の対処法を紹介しました。

毛穴の黒ずみは急いで取ろうとするのではなく、ゆっくりと時間をかけて毛穴を健康な状態にしていくことが大切です。

ピンセット等を使って、角栓を無理に取り除くようなことは絶対にしないでくださいね。

正しいケアをコツコツと続け、黒ずみ汚れの無い健やかな肌を目指しましょう。

お得な美白集中ケアコースキャンペーン中♪

ハイドロキノン3%配合!美容医療の先進国スイスで生まれた「ハイドロキノン集中美白クリーム」が現在キャンペーン中です。

>>>お得な集中ケアコースキャンペーン実施中!!!<<<
ハイドロキノン集中美白クリーム

関連記事

小鼻の黒ずみを何とかしたい!自宅ケアで頑固な角栓もスッキリ!

小鼻の黒ずみを何とかしたい!自宅ケアで頑固な角栓もスッキリ!

然(しかり)よかせっけんの口コミ・効果を徹底解説!超微細シリカパウダーで毛穴すっきり!

然(しかり)よかせっけんの口コミ・効果を徹底解説!超微細シリカパウダーで毛穴すっ...

毛穴を消す方法7選!自宅ケアで目指せツルスベたまご肌!

毛穴を消す方法7選!自宅ケアで目指せツルスベたまご肌!

いちご鼻に効くおすすめ洗顔料&正しい洗顔方法は?

いちご鼻に効くおすすめ洗顔料&正しい洗顔方法は?

毛穴の皮脂詰まりを解消する方法!除去するのではなく溜まらないようにする!

毛穴の皮脂詰まりを解消する方法!除去するのではなく溜まらないようにする!

男性もクレンジングは必要ですか?

男性もクレンジングは必要ですか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です